慶應義塾大学文学部民族学考古学研究室は、文献のみならず、多様なモノを史料として歴史を研究する専攻です。現在、専攻が管理所蔵する資料・標本類は、国宝や重要文化財を含め数万点にのぼります。それらは、大正時代から幾多の発掘調査や民族調査が実施されてきた結果、収集されたものです。

フィールドワーク物質文化研究を重視する研究・教育方針は、今なお専任教員に受け継がれています。学生は、専攻設置科目である民族学考古学研究法を通して、研究の実践に必要な方法論や技術の基礎を学ぶことができます。さらには、専任教員が進める調査プロジェクトに参加し、日本はもちろんのこと世界各地のフィールドワークを体験するチャンスがあります。

扱う地域・時代に制限を設けない当専攻には、上記研究法のほか、考古学・民族学・形質人類学の概論を講ずる科目、旧石器から近現代に至る各時代、日本、北アジア、オセアニア、オリエントにいたる様々な地域を対象とする考古学・民族学の専門科目、さらに学芸員資格の取得に必要な博物館学実習など多岐にわたる科目が設置されています。

研究室には、電子顕微鏡といった分析機器が設置されており、自然科学の手法を歴史研究に活用しうる環境も整いつつあります。これらの専門科目と研究環境から多様な知識と業(ワザ)を身につけ、フィールドワークで観察力と対話力を養い、さらに研究会において発表を重ねるなか、論理的思考力とプレゼンテーション技術も身につけ、必修科目の卒業論文作成へと向かいます。

 

<<教員スタッフの専門領域>>
旧石器時代・石器研究、縄文・弥生時代、環境考古学、アイヌ考古学、古代オリエント考古学、聖書考古学、オセアニア民族学・考古学、ジオアーケオロジー

下北半島洞窟調査イスラエル発掘調査マーシャル諸島マジュロ環礁調査ロシア更新世遺跡発掘遺物整理オセアニア楽園