Keio University 文学部

■大学院文学研究科

文学研究科委員長 松田 隆美

概要

 慶應義塾に大学院が設置されたのは明治39(1906)年、福澤の没後まもないときでした。政治、商業の発展と研究の進歩は相即不離であるとの知見による ものであったと伝えられています。
 現在のような体制になったのは昭和26(1951)年、新制大学院の発足時に遡ります。文学研究科に哲学、史学、国文学、英文学、仏文学の各専攻がおかれました。その後、独文学、図書館・情報学、中国文学の専攻が加わり、英文学専攻は英米文学専攻と改称しました。平成13(2001)年に、哲学専攻を改組し、哲学・倫理学専攻と美学美術史学専攻が誕生し、文学研究科は9専攻となりました。哲学・倫理学専攻には、哲学分野と倫理学分野が、史学専攻には日本史学、東洋史学、西洋史学、民族学考古学の各分野が含まれています。平成16(2004)年度からは、図書館・情報学専攻修士課程に情報資源管理分野が、同17(2005)年度からは美学美術史学専攻修士課程にアート・マネジメント分野が開設されました。この2つの分野は高度な技能をそなえた職業人の 養成を目的としています。平成19(2007)年度からは、国文学専攻修士課程に日本語教育学分野を新たに開設しました。日本語教育の専門家や研究者の養成をめざしています。
 カリキュラムは、すべての科目が半期2単位となっています。留学しても履修学期の不連続を避けることができます、留学中に取得した単位も卒業に必要な単位に含めることができます。
 大学院生および教員の研究成果発表の場として、三田哲学会、三田史学会、藝文学会、三田図書館・情報学会とその学会誌があります。
 近年、文部科学省の「21世紀COEプログラム」や「魅力ある大学院教育プログラム」に採択され、社会学研究科と共同で履修者の自主性を大切にするプ ロジェクト科目が設置されました。また21世紀COEの後継プログラムである「グローバルCOEプログラム」にも採択されました。

養成する人材像

 文学研究科では、幅広い教養とたしかな専門性を兼ね備えた研究者および教育者の養成とともに、内外で活躍できる高度専門職業人の育成をめざしています。文学研究科には多くの専攻があり、多様な研究がなされ、さまざまな授業が開かれています。積極的に自分の可能性を開発する契機としてほしいと願っています。

(2011年度慶應義塾大学大学院総合案内より抜粋)

役職(2017年9月末まで)

 文学研究科委員長    教授    松田 隆美
 研究科委員長補佐    教授    柘植 尚則
 大学院 学習指導  美学美術史学    教授    遠山 公一
 西洋史学    教授    山道 佳子
 仏文学    教授    小倉 孝誠
 図書館・情報学    教授    倉田 敬子

文学研究科委員(2016年4月現在)

  • 浅見 雅一
  • 安藤 広道
  • 井奥 成彦
  • 池谷 のぞみ
  • 石川 透
  • 市 川  崇
  • 井出 新
  • 糸賀 雅児
  • 井上 逸兵
  • 上枝 美典
  • エアトル, ヴォルフガング
  • 大森 雄太郎
  • 岡田 光弘
  • 荻野 安奈
  • 小倉 孝誠
  • 柏端 達也
  • 片木 智年
  • 河内 恵子
  • 神崎 忠昭
  • 岸田 和明
  • 喜田 浩平
  • 木村 義之
  • 桐本 東太
  • 粂川 麻里生
  • 倉田 敬子
  • 香田 芳樹
  • 斎藤 慶典
  • 坂田 幸子
  • 佐藤 道生
  • 佐藤 孝雄
  • 識名 章喜
  • 杉野 元子
  • 杉本 智俊
  • 関根 謙
  • 高橋 智
  • 田坂 憲二
  • 巽  孝之
  • 谷 寿美
  • 谷口 祥一
  • 柘植 尚則
  • 遠山 公一
  • 内藤 正人
  • 中島 圭一
  • 中山 豊
  • 奈良 雅俊
  • 西川 尚生
  • 根本 彰
  • 野々瀬 浩司
  • 長谷部 史彦
  • 長谷山 彰
  • 林  温
  • 平田 栄一朗
  • 松田 隆美
  • 宮林 寛
  • 村田 年
  • 八木 章好
  • 屋名池 誠
  • 柳田 利夫
  • 山内 志朗
  • 山口 徹
  • 山道 佳子
  • 吉武 憲司

▲このページの先頭へ

研究最前線レポート