5件

民族学考古学専攻

  • 1

名前/職位

専攻/専門領域/研究内容

  • 安藤 広道
    Ando, Hiromichi
    教授

    民族学考古学専攻
    日本考古学・博物館学

    身近にある考古学資料や物質文化資料を分析対象とし、その成果を大きな歴史学的枠組みのなかに位置付けていくというのが、研究の基本スタンスです。慶應義塾には、三田キャンパス、日吉キャンパスを中心に、先史時代から現代に至る多種多様な資料が存在しており、研究する意義が見いだされたものなら何でも、時代を問わず研究対象にしています。現在は、日吉や三田の近現代、特にアジア太平洋戦争に関わる建造物の調査・研究にエネルギーを注いでいます。こうした研究の成果を軸に、日吉や三田という場に集う、さまざまな立場の人々の歴史的言説を絡み合わせたパブリックヒストリー的活動を展開したいと思っています。

  • 民族学考古学専攻
    動物考古学、民族考古学

    人と自然の関係史を読み解くために、遺跡から出土する動物骨や貝殻の分析に取り組んでいます。文化と自然を包括的に捉え、第四紀の歴史を通観することに努めつつ、北海道やシベリアでフィールドワークを重ねています。

  • 杉本 智俊
    David T. Sugimoto
    教授

    民族学考古学専攻
    西アジア考古学、聖書考古学

    パレスチナ地域から出土する考古遺物を通して、聖書の一神教の成立過程や三大一神教の歴史的相互関係を解明することに関心があります。現在は、特にパレスチナ自治区ベイティン(ベテル)遺跡の発掘調査に取り組んでいます。

  • 民族学考古学専攻
    オセアニア島嶼世界のジオアーケオロジー、歴史人類学

    南太平洋オセアニアや日本の八重山諸島をフィールドに、考古学と地球科学が協働するジオアーケオロジーの手法を用いて、島嶼世界の景観史のなかに人と自然の「絡み合い(entanglement)」を読み解いてきました。近年は、18世紀中頃-20世紀初頭の植民地期に収集されたオセアニア造形物の歴史人類学的・博物館人類学的研究にも挑戦しています。

  • 渡辺 丈彦
    Watanabe, Takehiko
    准教授

    民族学考古学専攻
    旧石器考古学、日本古代史、文化財行政学

    東北日本を中心とした旧石器時代の石材原産地遺跡や洞穴遺跡の調査・研究を通じて、過去の人々と周囲の自然環境との関わりを明らかにすることが主要な研究テーマです。さらに時代は新しくなりますが、古代瓦磚の研究を通して古代都城・官衙の成立・発展過程を考えることも研究テーマの一つです。また、遺跡の発掘調査や研究の成果を、一般の方々にわかりやすく伝えるための埋蔵文化財保護行政の仕組み作りにも関心があります。

  • 1