6件

中国文学専攻

  • 1

名前/職位

専攻/専門領域/研究内容

  • 浅野 雅樹
    Asano, Masaki
    准教授

    中国文学専攻
    中国語学

    現代中国語に関する語彙や文法を中心に研究しています。最近は、辞書や教材作成、また語彙指導についての問題をテーマとした研究に取り組んでいます。

  • 杉野 元子
    Sugino, Motoko
    教授

    中国文学専攻
    中国近現代文学、日中比較文学

    日中戦争時期に日本軍占領下の北京や上海などに留まり文学活動を続けた中国人文学者について研究しています。また、北京の貧しい満州族の家に生まれ、長編小説『駱駝祥子』や戯曲『茶館』などの不朽の名作を書いた作家・老舎についても研究しています。

  • 須山 哲治
    Suyama, Tetsuji
    准教授

    中国文学専攻
    中国古典文学

    中国宋代の詩論を、特に厳羽『滄浪詩話』を中心に研究しています。当時の人々の詩に対する諸認識を、詩論に用いられる範疇語(概念語)の意味を手がかりに解明しようとしています。

  • 髙橋 智
    Takahashi, Satoshi
    教授

    中国文学専攻
    中国古典文献学、中国版本学、日本漢籍受容史

    1 、専門は中国文献学(書誌学)です。中国の古典籍の原本(漢籍)を、作品としてだけでなく、文化財(文化資源)として幅広く扱い、出版文化史、図書史、古典を読み伝えた人々、または古典の解釈の歴史などを研究し、そこから中国文化(東アジア文化)の源流を知ろうと考えています。2 、『論語』のテキスト史、日本と中国の書物交流史(日本の漢籍受容史)、中国目録学史、中国の古典籍と宮廷文化・蔵書文化の関係などに関心があります。

  • 八木 章好
    Yagi, Akiyoshi
    教授

    中国文学専攻
    中国古典文学

    1.志怪・伝奇と呼ばれる中国の怪異小説(特に清・蒲松齢の『聊斎志異』)を研究しています。2.「狂」「痴」など本来否定的な含意の言葉に込められた魏晋および明末清初の文人精神を研究しています。3.『論語』・漢詩・故事成語など、中国古典の児童向け書籍の出版に携わっています。

  • 吉永 壮介
    Yoshinaga, Sosuke
    准教授

    中国文学専攻
    中国古典文学

    明代の白話小説『三国志演義』を中心に、正史・志怪小説・地誌等の伝承に見られる史実と虚構との揺らぎ、特にメディアによる伝播のあり方の相違に関心を持っています。また、現代における三国志をめぐるポップカルチャーの展開にも興味を持っています。

  • 1