9件

独文学専攻

  • 1

名前/職位

専攻/専門領域/研究内容

  • 川島 建太郎
    Kawashima, Kentaro
    教授

    独文学専攻
    現代ドイツ文学・思想

    ドイツの文学と思想を、メディア史の観点から考察しています。メディアは、文学や思想をそもそも可能にしている歴史的アプリオリです。印刷術からアナログメディアをへてデジタルメディアにいたる歴史は、時間と空間のあり方や記憶のあり方を根底から変容させました。そこから言語表現や思考がどのように影響を受けたのかを観察し、記述しようと試みています。

  • 粂川 麻里生
    Kumekawa, Mario
    教授

    独文学専攻
    近現代ドイツ文学・思想、文化史、スポーツ史

    ゲーテが、20世紀の思想家たちに与えた影響の研究を出発点に、「言語」、「形」、「色」、「音」、「時間」、「身体」、「自然」といった諸概念の関り合いについて考察しています。それと関連して、アーカイヴ学、ポピュラー文化・音楽論、怪獣映画論、サッカーやボクシング等の近代スポーツとドイツ独自のトゥルネンをめぐる文化史も研究しています。

  • 独文学専攻
    中世ドイツ文学

    中世ドイツの文化と思想を研究しています。主として、キリスト教神秘思想が生まれた社会史的・思想史的背景を調べるのが私の仕事です。またそれと並んで、ヨーロッパの神話や古い文学にも興味をもっています。ヨーロッパ人の意識の「古層」 を探りたいと考えています。

  • 独文学専攻
    近代ドイツ文学

    18世紀後半から19世紀前半のいわゆる「ゲーテ時代」の文学・思想をめぐる状況に関心をもっていますが、ここしばらくはとりわけ啓蒙主義と、その対極に位置するとされる諸現象(秘密結社、招霊術、カリオストロ伯爵 etc.)との相克(ないしは相補的関係)について勉強しています。

  • 識名 章喜
    Shikina, Akiyoshi
    教授

    独文学専攻
    近現代ドイツ文学・文化学

    現代のファンタジーやホラーにもつながる一連のアイデア溢れた作品を残したドイツ・ロマン派の作家E.T.A. ホフマンの研究が出発点ですが、19世紀の科学技術上の綺想の系譜をたどりながら、〈文学と科学技術〉という問題枠を通して文学史記述の見直しを進めています。最近の関心は、ドイツの学会で評判の悪い国民主義(ナショナリズム)の文学者たちの生き方にあります。貧乏人の平民出の若いインテリが「ドイツ人」という虚構に託した夢がナチズムに収斂する過程の研究は、外国人だからこそ踏み込める余地があると考えています。

  • 田中 愼
    TANAKA, Shin
    教授

    独文学専攻
    ドイツ言語学,言語理論

    ドイツ語を中心とした言語研究を行っています。
    自然言語は,「数十の音を組み合わせて無限のものを表象するしくみ」として,驚異的な「普遍性」というべきものを備えています。この普遍性には,構造的なもの(人間が種として与えられているもの)という側面を持つ一方で,他方で機能的(それが何のために備わっているのか)に決定されているという特徴を持っているわけですが,私は,特に後者の機能面を中心に,ドイツ語や日本語,その他の言語を比較,対照することを通して解明することを目指しています。

  • 独文学専攻
    演劇学・ドイツ演劇

    ドイツや日本の舞台作品を「上演分析」する演劇学の方法を模索しています。最近は演劇を新しい悲劇論や「不在論」、越境文化論から捉え直しています。かたわら演劇学の理論を応用して、日常生活や社会における身体・(自己)演出・パフォーマンス性のあり方を「演劇性」の観点から探究しています。演劇性は、演劇学だけでなく、哲学、政治哲学、社会学でも議論されていますが、この議論も考察対象にしています。

  • ベッカー アンドレアス
    Becker, Andreas
    訪問講師(招聘)

    独文学専攻
    映画、メディア学

    目下のところ、小津安二郎の映画を手がかりに、日本映画と西洋映画の美学上の影響関係を研究しています。そのほかの研究領域としては、映画における時間表現、とりわけ低速度撮影と高速度撮影による表現可能性の問題があります。私の研究の理論的な基礎は、フッサールの現象学、ヴァルター・ベンヤミンの理論、そして比較美学です。

  • ヨッホ マルクス
    Joch, Markus
    教授

    独文学専攻
    近現代ドイツ文学・文化学

    文学研究(Literaturwissenschaft)と文化研究(Kulturwissenschaft)とは密接に関連して発展してきています。私はこの立場を踏まえて、カルチュラル・スタディーズやブルデューの社会理論を援用し、近現代のドイツ文学を、文化や社会やメディアとの関係を重視しながら考察しています。転換点としての1945・1989年にも興味があります。

  • 1