8件

人間科学専攻

  • 1

名前/職位

専攻/専門領域/研究内容

  • 稲葉 昭英
    Inaba, Akihide
    教授

    人間科学専攻
    計量社会学、社会統計学、社会調査法、家族社会学、福祉社会学

    データ分析に関する計量的・非計量的方法に関心があります。これまではこうした道具を用いて社会構造とメンタルヘルス、家族・ライフコースなどを対象とした応用的な研究を行ってきました。近年はとくに貧困・低所得の世代的再生産やライフコースへの影響のメカニズムに関心があり、社会福祉政策・制度の効果にも関心を有しています。

  • 人間科学専攻
    社会心理学(対人的影響、社会的影響力、集団過程論)

    社会心理学の中でも、社会的影響力(social power)、依頼や説得などの対人的影響に関心をもっています。具体的には、 相互作用的説得の観点から、説得テーマの特性に合わせた説得要因の整理を行うこと、 社会的影響力の保持による認知パターン変化に基づいて社会的影響力の基盤を捉え直すことです。そのほか、社会心理学の観点から大規模被災後の避難所運営にも目を向けています。

  • 織田 輝哉
    Oda, Teruya
    教授

    人間科学専攻
    理論社会学、数理社会学、計量社会学

    制度・規範・社会変動等のマクロな社会現象を合理的選択理論・ゲーム理論等を手がかりとして個人行為から説明していくことをめざしています。また社会階層・再分配・正義論等を含めた社会的公正についての理論的・実証的研究にも興味をもっています。

  • 鹿又 伸夫
    Kanomata, Nobuo
    教授

    人間科学専攻
    社会学(社会階層と社会移動、比較社会学、法社会学)

    漫然と見ているだけではわからないマクロな社会構造をデータ分析によって解き明かすことに関心があります。これまでは、階層移動における機会の不平等構造そしてその帰結としての経済的格差についておもに研究してきました。

  • 北中 淳子
    Kitanaka, Junko
    教授

    人間科学専攻
    医療人類学、精神医学史

    医療人類学の視点から、「病いの文化」について研究しています。近代社会において、医療の対象領域が拡大していくことで、社会の関係性や人々の主観性にどのような変化が生じていくのかに関心があります。日本と北米の精神医療でのフィールドワークを中心に、うつ病や認知症といったライフサイクルの医療化や予防医学をめぐる問題を人類学的に考察しています。

  • 人間科学専攻
    人類学、アフリカ地域研究

    文化人類学的な視点から戦争と平和に関する研究を進めています。人びとはなぜ戦争に参加するのか、戦場でいかなる経験をしているのか、平和を形成・維持するためにどのような営みを続けているのか、といった問いを、フィールドワークにもとづいて検討してきました。最近はグローバル化と地域開発の問題に関心を寄せています。

  • 鈴木 淳子
    Suzuki, Atsuko
    教授

    人間科学専攻
    社会心理学、産業・組織心理学、調査法

    キャリア形成とジェンダー役割・ジェンダー役割態度の関わりを研究するため、文献研究をしたり、測定尺度を開発して調査を行なったりしています。また、質問紙法や面接法などで必要な調査デザインについても研究しています。特に、調査目的にふさわしい正確なデータを集めるためにはどのような質問紙を作成すれば良いかに興味があります。

  • 人間科学専攻
    進化心理学、社会心理学

    「自然淘汰による進化」の視点から、人間心理の個人差、向社会性、認知バイアスなどについて研究しています。ここ数年は、放射能による風評被害など、より実社会の問題にかかわるテーマにもチャレンジしています。

  • 1