10件

社会学専攻

  • 1

名前/職位

専攻/専門領域/研究内容

  • 社会学専攻
    メディア・コミュニケーション研究、普及研究、社会心理学

    様々なメディアを、人々はなぜ、どのように利用し、その利用から何を経験いるのか?その利用のあり方には何が影響しているのか?など、メディアの利用とコミュニケーション行動について、社会心理学的な観点から研究を行っています。また、メディア環境および利用行動の変化に伴うニュースの生産、普及、受容過程の変容についても研究を行っています。

  • 岡田 あおい
    Okada, Aoi
    教授

    社会学専攻
    家族社会学、家族史

    工業化以前日本の一般庶民の家族の実態を解明することが私の研究テーマです。研究対象は、江戸時代の農民です。研究時期を江戸時代に限定する理由は、工業化、都市化以前の、一般民衆の家族生活を知ることが出来る、しかも定量的分析が可能な最初の史料(宗門改帳)がこの時代に存在するからです。宗門改帳は、1960年代から歴史人口学の史料として利用されてきましたが、この史料を用いて中下層の農民にまで研究対象を広げた「過去の家族」の実態を解明したいと考えています。

  • 社会学専攻
    アートベース・リサーチ、感情社会学、障害学、パフォーマンス研究

    アート(文学、演劇、音楽、映画、写真、現代アートなど)を利用して社会学的な研究を行い、人の生、感情、障害、記憶などをテーマにしています。

  • 樫尾 直樹
    Kashio, Naoki
    准教授

    社会学専攻
    文化人類学、宗教社会学、宗教学

    私の研究テーマは、マクロには、現代世界における宗教性/霊性の歴史的位相を明らかにすることであり、ミクロには、瞑想・行の一般理論を構築することです。具体的には、日本、韓国、フランスを中心としたヨーロッパ、フランス海外県などをフィールドとして、坐禅、気修練(道教瞑想)、ヴィパッサナー瞑想(マインドフルネス)、ヨーガ、黙想といった瞑想・行の比較行論とその成果に基づく宗教間対話と現代宗教文化論の研究を行っています。

  • 社会学専攻
    社会心理学、環境行動論

    人々の環境行動の普及について説得的コミュニケーションや合意形成に関する社会心理学的研究を行っています。環境問題は健康や経済といったリスクともかかわり、個人的利益と社会的利益との葛藤の解消も必要です。そのためのリスクコミュニケーションにかかわる「説得納得ゲーム」や「ステークホルダーズ」といったゲーミング・シミュレーションを開発し、問題構造の探索・分析や問題解決につなげる学習方法の提案を行っています。

  • 竹村 英樹
    Takemura, Hideki
    准教授(有期)

    社会学専攻
    教育社会学、近代日本社会学史、社会調査史

    新中間層としての教員が職業階層としてどのように成立してきたのかについて歴史的視点から研究をしています。現代の教員の源流をさぐることを目的としていて、近代日本教員層研究という教育社会学の一領域です。また、近代日本における社会学の歴史を研究しています。とくに、社会学者が現実の社会問題にどのように切り込んでいったのかについて、埋もれた社会調査を発掘し、再評価する研究です。社会学史における社会調査史研究という領域です。

  • 近森 高明
    Chikamori, Takaaki
    教授

    社会学専攻
    文化社会学、都市社会学、歴史社会学

    都市文化現象(思想、表象、技術を含む広義の文化現象)にあらわれる近代性(モダニティ)の諸相を社会学的に考察する、というのが主な研究テーマです。現在はとくに照明・交通・建築など、都市の社会生活を支える基盤的テクノロジーが、都市をめぐる知覚・想像・経験様式の変容と結び合いつつ、独特の厚みをもつ社会性を獲得してゆく歴史的プロセスに関心をもっています。

  • 長尾 真理
    Nagao, Mari
    教授

    社会学専攻
    理論社会学、医療社会学、コミュニケーション論

    (1) コミュニケーションに関する基礎的研究
    (2) 近代の合理化過程で生じる諸問題の分析
    (3) 現代医療研究

  • 浜 日出夫
    Hama, Hideo
    教授

    社会学専攻
    社会学説史、知識社会学

    (1)社会学説史(ジンメル、 ウェーバー、シュッツ、ガーフィンケル)
    (2)歴史と記憶の社会学

  • 社会学専攻
    文化人類学、東アジア研究

    人類学的な角度から、民間信仰や世界観、旧日本帝国支配下にあった人々の歴史認識と現在の社会構築についての研究、移民研究、グローバリゼーション研究などを行っています。フィールドは、台湾、中国大陸やベトナム中国系移民社会を主としてきましたが、最近はパラオや韓国、沖縄、奄美なども射程に入れています。

  • 1