6件

西洋史学専攻

  • 1

名前/職位

専攻/専門領域/研究内容

  • 神崎 忠昭
    Kanzaki, Tadaaki
    教授

    西洋史学専攻
    西洋中世史

    中世ヨーロッパの人々が、何を、なぜ、どのように信じたのかに関心があります。

  • 清水 明子
    Shimizu, Akiko
    教授

    西洋史学専攻
    ドイツ現代史・ユーゴスラヴィア史

    ナチズムがヨーロッパ周縁の多民族社会にもたらした支配体制の実態と地域の権力関係、社会変容を明らかにする研究を進めています。ドイツとバルカンにおける国民統合、「民族共同体」構築やネイション形成プロセスの解明につなげ、「国民国家」 をめぐる議論にも向き合います。

  • 野々瀬 浩司
    Nonose, Koji
    教授

    西洋史学専攻
    スイス宗教改革史、農村社会史

    これまで宗教改革的な新しい神学が近世ヨーロッパ社会に与えた影響について、実証的に考察してきました。特にドイツ農民戦争期の抗議書を史料として用いて、平民が抱いていた「神の法」思想の分析を行い、16世紀のスイスや西南ドイツにおける農奴制問題と宗教改革運動との関わりを研究しました。最近では、宗教改革期の戦争観や都市と宗教改革の関係についての研究を開始しました。

  • 長谷川 敬
    Hasegawa, Takashi
    助教

    西洋史学専攻
    古代ローマ史(経済史・社会史)

    ローマ帝国西方地域、とりわけガリア・ゲルマニア諸属州(現在のフランス、スイス、ベネルクス3国、ドイツ西部・南西部にほぼ相当)の経済や社会について研究しています。私が特に関心を持っているのは、商人や職人たちがどのような人的ネットワークを構築していたか、ということであり、彼らが残した石碑(碑文)を主要史料として、考古学史料や地理学的情報も参照しながらその解明に取り組んでいます。

  • 山道 佳子
    Yamamichi, Yoshiko
    教授

    西洋史学専攻
    スペイン(カタルーニャ)近代史

    スペインの中でも独自の歴史・文化・言語を持つ地域(ネーション)のひとつであるカタルーニャの近代史を勉強しています。現在の研究テーマは、18世紀後半から19世紀初頭のバルセローナ市の絹織物及び絹に関わる手工業の職人の世界(仕事、家族、信仰)を、職人とその妻や未亡人の遺言書・死後財産目録・結婚契約書などの史料から再構築することです。ただ授業では、現在の研究内容にとどまらず、これまで勉強してきた都市形成、祭り、スポーツなど、カタルーニャの社会文化史に関わるテーマを広く紹介していくつもりです。

  • 吉武 憲司
    Yoshitake, Kenji
    教授

    西洋史学専攻
    西洋中世史(イギリス中世史)

    11・12世紀イギリスの政治史・行政史を専門としています。特に国王行政を中心に研究を進めていますが、王権の支配に正当性を付与する権威の問題、王権と教会権力との関係などにも興味を持っています。

  • 1