学業とキャンパスライフ。そのどちらをも充実させています。
教員や友人との関係を深めるゼミ合宿や研修旅行など、様々な機会があります。
ここでの4年間は人生にとってかけがえのないものになるでしょう。

※半学半教とは
教える者と学ぶ者との師弟の分を定めず、先に学んだ者が後で学ぼうとする者を教える。教員と学生も半分は教えて、半分は学び続ける存在という、草創期からの精神です。

学生紹介

Campus Life 文学部生のキャンパスライフ

キャンパス紹介

文学部生は第1学年は日吉キャンパスで、第2学年からは三田キャンパスで学びます。

三田キャンパスめぐり

三田キャンパスには、文学部ゆかりの建物、石碑などが数多くあります。ここではその一部をご紹介します。

文学の丘

赤レンガの旧図書館八角塔脇の小高い丘に、小山内薫の胸像とともに三つの文学碑が建っています。佐藤春夫の詩碑、吉野秀雄の歌碑、久保田万太郎の句碑です。三田の文学部にゆかりの作家たちのものです。

  • 小山内薫の胸像

    小山内薫は築地小劇場を興し日本における新劇の父といわれ、明治43年に文学部の講師として迎えられました。また築地小劇場の発足は、義塾大学演劇研究会主催の三田大ホールでの講演が、直接の発端となったとされています。

  • 佐藤春夫の詩碑

    佐藤春夫は、文学科教授であった永井荷風を慕い文学部に入学しましたが、退学。その後三田の学生時代の歌を残しています。戦後、公開講座「近代文学の展望」の講師を務めました。

  • 吉野秀雄の歌碑

    「図書館の前に沈丁咲くころは恋も試験も苦しかりにき」

  • 久保田万太郎の句碑

    「しぐるゝや大講堂の赤れんが」
    現在でも文学部の講座「現代芸術」・「詩学」は久保田万太郎記念基金によって開講されています。

ノグチルーム

1950年、第二研究室として谷口吉郎の設計によって建てられた「新萬来舎」は、イサム・ノグチが空間デザインを行い、庭園にはその彫刻作品が置かれたため、「ノグチルーム」といわれるようになりました。

その後、南館建設のためにこの場所は整備され、ノグチルームと彫刻は南館に移築されました。

現在のノグチルームと彫刻「無」

  • 文学、歴史、文化を通した「英語」の再発見

    英米文学専攻で英語圏の文学や歴史、文化に触れることを通じて、鮮やかな言葉としての英語を感じられるようになります。言葉としてあらわされる前の物語。翻訳では消えてしまう言葉そのものの色や空気。これらを学ぶことは、英米文学の趣きを感じることだけでなく、英語そのものの味わいを得ることにつながると思います。

    文学部 英米文学専攻
    梅津 貴大

    Keioのオススメ

    • 専攻の教授の授業を日吉で受講できる特論科目
    • 文献の充実した日吉、三田の図書館
    • 専門科目だけでなく、一般教養についても学ぶことのできるカリキュラム
  • 「教育」を通して、「生き方」を学ぶ

    教育学専攻では、いわゆる学校教育や子育てなどの「教育すること」を目的とした場における教育の研究にとどまらず、私たちが生きる環境すべてとの関わりから教育を考えます。広い意味で教育を考えることは、自分の生き方・他者との接し方を見つけることにもつながります。いい意味で教育という枠にとらわれないため、学びの内容は意外と身近に感じられるもので、日々刺激を受けます。

    文学部 教育学専攻
    下條 衣緒里

    Keioのオススメ

    • 設置されている学問領域が広いため、興味に応じた選択がしやすい
    • 総じて授業が面白い
    • 早い段階から深い学びができる
    • 語学力が伸びる
  • 未来の未知性に期待を抱く人へ

    倫理学が何を学ぶところか、わからない人にこそぜひ来てほしい。学問とは本質的には、何を学ぶのかわからず、学んだあとの自分も想像できない、そういうものだ。
    そこでは先人たちの叡智に触れることができる。
    数字では表せない学びの根源的な喜びを味わうことができる。
    思い描いたことすらない人生を歩みたい人は来るといい。

    文学部 倫理学専攻
    田﨑 亮

    Keioのオススメ

    • いろんな階層の人たちがいるから多種多様な価値観に触れることができる
    • 文化資本を持っている人が多いので教養を身に着けやすい
    • 歴史と風格あふれる校舎や建物に触れられる
  • 東アジアとイスラーム世界、二つの軸から広く深く歴史を学べる時間

    エリアは東アジアからイスラーム世界まで、時は近現代から古代まで、という広大な守備範囲に裏打ちされた懐の広さこそ、学生からみた東洋史学専攻の魅力であるように感じます。必修語学をアラビア語・トルコ語・ペルシア語に変更して少人数で一から学ぶこともでき、語学に関しても充実した環境が整っているといえます。

    文学部 東洋史学専攻
    島田 萌花

    Keioのオススメ

    • 多様な17つの専攻のうちから、基本的に制約なく、自分の純粋な興味に任せて行き先を選べるところ
    • 教員一人あたりの生徒数が比較的少ない専攻が多く存在するため、特にゼミ、また卒論に関して、充実した指導を期待できるところ
    • 2年次から拠点が三田キャンパスに移動するところ。文学部の性質を考えると早すぎず遅すぎず、適切なタイミングであるように思います。
  • 今だから学びたい「日本が歩んだ歴史」

    私たちの専攻では、古代から現代まで様々な時代・分野をご専門とされる先生方、多様な視点を持つ仲間と共に、日本史を広く、深く見ていくことができます。
    国際化が叫ばれる現代社会において、日本が歩んできた歴史をじっくりと学び、理解していけることは、とても大切かつ幸せなことだと感じています。

    文学部 日本史学専攻
    村椿 翼

    Keioのオススメ

    • 都心にありながら、のどかな空気が流れる三田キャンパス
    • 図書館の圧倒的蔵書数
    • 多様な視点を教えてくれる先生方と仲間
    • 専攻の枠を越えて、興味のある講義を受けられること
    • 専門的な講義が多く開かれている三田キャンパスに2年生から通えること
  • 「我々は何者か」という問いを追究する

    人間科学専攻では、我々人間についての理解を深めることができます。主に社会心理学・社会学・人類学を学び、人間が抱える様々な問題の多元的理解と解決を目指す専攻です。講義の種類が豊富で、各分野の理論や方法だけでなく、より具体的な問題に触れられることが一番の魅力だと思います。

    文学部 人間科学専攻
    小山 駿吾

    Keioのオススメ

    • 二年次から三田キャンパスで専門的に学べるところ
    • 他学部の講義も受講できるところ
    • 自習スペースの充実
  • 世界中の「美」や「芸術」を幅広い視野で学ぶ事ができる環境

    美学美術史学専攻では主に「西洋美術」「東洋美術」「西洋音楽」などさまざまな美や芸術に関する事を、知識豊かな先生方と向学心に富む仲間達と共に切磋琢磨しながら学ぶ事ができます。学びによって新しい発見や可能性を見つける事ができ、更に深い探究心に駆られます。

    文学部 美学美術史学専攻
    中本 葉月

    Keioのオススメ

    • 豊富な蔵書を誇る専門性の高い図書館の存在
    • 知識欲旺盛な仲間に刺激を受ける事
    • 他専攻の授業を履修でき、幅広い分野に関心を持つことが出来る
  • 論理とは存在とは、そして確実なものとは何か

    哲学専攻は、そのようなことを考えることが許される空間だ。しかしうまく考えるためにはコツが要る。慶應哲学専攻はそういったコツを学べる授業が充実しているといえる。原典購読や論理学関係の授業は大変だったりするが、本当に面白い。また、周りの人を見て素直にすごいな思えることは、哲学専攻の魅力なのかもしれない。

    文学部 哲学専攻
    岡部 幹伸

    Keioのオススメ

    • 少人数の授業が多いこと
    • 色んな人がいること
    • KOSMOSのオンライン資料が充実していること
  • モノからコトを考える

    民族学考古学専攻が所蔵・管理する資料数は20万点以上。日本はもちろん中東やオセアニアのモノ、土器や石器、金属器、骨角器、木製品と種類も様々です。授業ではそういった資料を手に取る機会にも恵まれ、旧石器から近現代まで多様な文化の一端に触れることができます。

    文学部 民族学考古学専攻
    直井 瑠汰

    Keioのオススメ

    • 研究できる内容が多様
    • 学生と教授の距離が近くて指導も親身
    • 授業の専門性が高い
  • 多様な視点から見る中国文化

    中国文化は、各地方の特色を抱えながら何千年という時を経て育まれてきたものです。
    この専攻に入り、自分の知る「中国」はその重厚な歴史のほんの一部に過ぎないことを痛感しました。
    文学作品にとどまらず映画鑑賞や言語学の授業により、既存のイメージをさらに豊かに、ときには壊して、学びを深められるのが魅力です。

    文学部 中国文学専攻
    髙橋 あや

    Keioのオススメ

    • 活気と落ち着きが共存するキャンパス
    • 他専攻の授業から得られる刺激
    • メディアセンターの豊富な蔵書量
    • 演習形式の授業で磨ける語学力
  • 仏文学専攻での学びとその強み

    仏文学専攻では文学と言語だけでなく、文化や歴史、美術、メディアなど、多方面からフランス語圏を捉えることができます。また少人数単位での授業が多く、先生方との距離が近いので、フランス語のレベルアップだけでなく、手厚い指導を受けることができ、確かな信頼関係を築くことができると思います。

    文学部 仏文学専攻
    田中 颯眞

    Keioのオススメ

    • 17にも及ぶ多彩な専攻があり他専攻の授業も受けることができるので、偏りのない知見を得ることができる
    • 2年次から専攻を選ぶことができるので、1年間ゆっくり時間をかけ興味のあることを探すことができる
    • 他に類を見ないほど個性豊かな教授と学生の多さ
  • 自分ならではの学びができる場所

    社会学専攻での学びは自らの日常生活に繋げて考えることができます。また、その反対に日常生活で疑問に思ったことは授業を通して考えを深め、時に結論に至らせることができます。
    自分の興味分野に合わせて幅広い内容の授業を受講することができ、私にしか出来ない研究分野に出会うことが出来ました。

    文学部 社会学専攻
    新居 未唯

    Keioのオススメ

    • 他専攻、他学部の授業を受講できるため自分の興味を追求できる
    • 自分の好きをとことん追求する他学生から刺激をもらえる
    • 2年から三田キャンパスに移ることで頼もしい先輩方の背中を見る機会が多い
  • 少人数ならではの深いつながりと学び

    心理学専攻では、高い志を持った30人弱の小さなコミュニティの中で、濃密な学生生活を送ることになります。そして一口に心理学と言っても内容は多岐にわたり、総じて、実体を見られない「こころ」についての考察を深めることができます。
    慶應義塾ならではの科学的探究心をくすぐる「こころ」の世界が、あなたを待っています。

    文学部 心理学専攻
    岡田 紗苗

    Keioのオススメ

    • 17もある様々な分野を勉強しながら、進む専攻を考えることができる
    • 文学部にいながら、実学の精神に基づく豊富な自然科学の講義を受けられる
    • 2年から三田に通い、一足早く大人の雰囲気を感じることができる
  • 文献学や言語学 ドイツ語だけでない学びも

    独文学専攻では、人数の少なさゆえにプレゼンの機会も多く、生徒からの発信もしやすいため、濃密な講義が行われます。またドイツ関連の講義は勿論、ドイツに必ずしも関連しないような分野の学習も可能です。独文学専攻の一番の良さは優しい先生方、先輩方が多く、とてもアットホームな雰囲気です。

    文学部 独文学専攻
    渋沢 慶

    Keioのオススメ

    • 様々な分野の講義の履修が可能
    • 他校の図書館も利用できる
    • 留学生が多く、国際交流も可能
  • 可能性を広げられる場所

    慶應文学部は、他学部に比べて自分で履修を組める割合が大きく、興味がある授業を自由に選ぶことができます。また、2年次から分かれる専攻は17と多岐にわたり、選択肢が非常に多いです。
    幅広く、それでいて奥深い学びから、自分の可能性を最大限に広げられる場所だと思います。

    文学部 西洋史学専攻
    中西 美結

    Keioのオススメ

    • 1年間色々な授業を受け、熟考した上で専攻を決められる
    • 様々な考え方を持った人々に出会える
    • 慶應を代表する三田キャンパスに2年次から通える
  • 「国語」とは違う「国文学」

    文学という形態を用いて多様なことが語られます。人々の内面であったり、社会への批判であったりです。書かれている内容はもちろん大事ですが、書かれていないということに読み取れることもあります。その点が高校までの国語とは大きく異なるところでしょう。
    国語の単なる延長ではない国文学に日々心躍らせています。

    文学部 国文学専攻
    松平 悠

    Keioのオススメ

    • 2年生から専攻に分かれ、語釈の付け方や、参考文献の書式といった基礎からじっくりと学ぶことができる
    • 文学だけでなく、日本語学や他専攻の授業も履修できる
    • 授業中に実際に古典籍を手に取る機会がある
  • 「分かっているつもり」が「分かっていて、活用できる」になる

    様々な情報に溢れ、必要な情報を瞬時に入手できる現代において、古代から現代に至るメディアの在り方や情報提供のシステム、情報の検索方法等について学ぶことができるのはとても魅力的です。今まで何気なく利用していたメディアや検索システム等について、知らなかったことを知ることができ、毎回の授業が刺激的です。

    文学部 図書館・情報学専攻
    福田 瑠奈

    Keioのオススメ

    • 日吉や三田で様々な分野の科目を履修できる
    • 一つ一つの授業の内容が充実している
    • 個性的な先生、友人と関わることができる