学業とキャンパスライフ。そのどちらをも充実させています。
教員や友人との関係を深めるゼミ合宿や研修旅行など、様々な機会があります。
ここでの4年間は人生にとってかけがえのないものになるでしょう。

※半学半教とは
教える者と学ぶ者との師弟の分を定めず、先に学んだ者が後で学ぼうとする者を教える。教員と学生も半分は教えて、半分は学び続ける存在という、草創期からの精神です。

学生紹介

Campus Life 文学部生のキャンパスライフ

キャンパス紹介

文学部生は第1学年は日吉キャンパスで、第2学年からは三田キャンパスで学びます。

三田キャンパスめぐり

三田キャンパスには、文学部ゆかりの建物、石碑などが数多くあります。ここではその一部をご紹介します。

文学の丘

赤レンガの旧図書館八角塔脇の小高い丘に、小山内薫の胸像とともに三つの文学碑が建っています。佐藤春夫の詩碑、吉野秀雄の歌碑、久保田万太郎の句碑です。三田の文学部にゆかりの作家たちのものです。

  • 小山内薫の胸像

    小山内薫は築地小劇場を興し日本における新劇の父といわれ、明治43年に文学部の講師として迎えられました。また築地小劇場の発足は、義塾大学演劇研究会主催の三田大ホールでの講演が、直接の発端となったとされています。

  • 佐藤春夫の詩碑

    佐藤春夫は、文学科教授であった永井荷風を慕い文学部に入学しましたが、退学。その後三田の学生時代の歌を残しています。戦後、公開講座「近代文学の展望」の講師を務めました。

  • 吉野秀雄の歌碑

    「図書館の前に沈丁咲くころは恋も試験も苦しかりにき」

  • 久保田万太郎の句碑

    「しぐるゝや大講堂の赤れんが」
    現在でも文学部の講座「現代芸術」・「詩学」は久保田万太郎記念基金によって開講されています。

ノグチルーム

1950年、第二研究室として谷口吉郎の設計によって建てられた「新萬来舎」は、イサム・ノグチが空間デザインを行い、庭園にはその彫刻作品が置かれたため、「ノグチルーム」といわれるようになりました。

その後、南館建設のためにこの場所は整備され、ノグチルームと彫刻は南館に移築されました。

現在のノグチルームと彫刻「無」

  • 時代の変化に目を向け、社会の問題を考える

    人間科学専攻では、主に社会心理学・社会学・人類学を学ぶことが出来ます。講義の種類が豊富なため、自分の専門分野以外の講義を受けることで新たな気付きを得ることも多々あります。そして一番の魅力は、量的調査・質的調査の方法を学び、社会の問題を多角的に考え、深く理解する力を身につけられる点であると思います。

    文学部 人間科学専攻
    今野 千夏

    Keioのオススメ

    • 図書館の蔵書数がとても豊富
    • 他学部の講義も受講でき、学びの幅が広い
    • 面白い講義がたくさんある上に自習スペースが充実していて、学びの環境が整っている
  • 「知っていること」を研究する面白さ

    「未知の物事」を研究することが一般的な学問であるのに対し、社会学は「既知の物事」について「何故そうなったのか」「今後どうなるのか」を研究する学問であると言われています。身の回りの気になる事象を専門として研究できる楽しさに、慶應義塾大学文学部に入学して初めて出会うことができました。

    文学部 社会学専攻
    薄井 大輔

    Keioのオススメ

    • 豊富な蔵書を誇る三田メディアセンターの存在
    • 多くの「人」と「本」に出会える可能性の豊かさ
    • 興味に合わせて時間割が組める自由度の高い履修制度
  • 温故知新―半学半教の学び舎で切磋琢磨の日々―

    悠久の歴史を持つ、一衣帯水の国、中国。中国文学専攻では、その中国に、語学、文学、そして文化といった多様な角度から切り込んでいきます。そのため、それぞれの学生の興味関心の対象は様々で、授業の内外を問わず、学部生と院生、そして先生方も含め、互いに刺激を与え合える、充実した毎日を送っています。

    文学部 中国文学専攻
    櫻井 毬子

    Keioのオススメ

    • アットホームな環境
    • 「子曰く」の時代から現代文化まで学べることの幅の広さ
    • 少人数ながら多岐にわたるゼミでの研究
  • 世界中に溢れる「知」や「情報」を学問する

    日本では図書館・情報学を学ぶことのできる大学は限られており、中でも最も長い歴史を持つ本専攻で学ぶことに私は魅力を感じています。分野の第一線でご活躍されている先生が多く、少人数制で学生との距離が近い、というよい環境だと思います。また、司書資格を取得できることも本専攻の大きな魅力の一つです。

    文学部 図書館・情報学専攻
    三浦 大輝

    Keioのオススメ

    • 2年生から本キャンパスである三田キャンパスで学べること
    • 17専攻の中から進みたい専攻を1年かけてじっくり選べること
    • 他専攻や他学部の授業を履修しやすいこと
  • 「インスピレーションがはたらくから」

    慶應には選択肢が溢れている。なのに何故、君は心理学なのかと聞かれても、それはインスピレーションがはたらくからとしか言いようがない。自然科学の世界に苦戦をしながらも、「まだ誰も知らないこと」を知れそうなのが何だか僕には良い気がしたのである。そんな今まさに発展している心理学の最前線でお待ちしております。

    文学部 心理学専攻
    松元 拓也

    Keioのオススメ

    • 変わりモノが多い
    • (良い意味で)友達のやっていることを知らない
    • 専攻が多種多様
    • 2年から三田
  • フィールドでの学び、大切に

    民族学考古学専攻は17専攻のうち史学系、すなわち歴史を学ぶ学問に分類されます。学びの切り口として「モノ」「フィールド」を重視するのがこの専攻の特色です。例えば日本の縄文土器の破片は、時として書物より雄弁です。その史料を自らの足を運び手に入れることの厳しさ、楽しさ、大切さを日々学んでおります。

    文学部 民族学考古学専攻
    池田 桜子

    Keioのオススメ

    • 他専攻の講義も受けられ、関心の幅が広がる
    • 三田メディアセンターの学術資料の豊富さ
    • 外国語の授業が1年次は週5回、2年次は週4回と語学に多く触れられる
    • 好奇心旺盛で勤勉な学生が多数であり刺激を受ける
  • 人と共に生きる、あなたへの教育学

    人と人との関係の中に生きる私たちにとって、教育に関する問題は無視できるものではありません。教育は人間のあらゆる活動に付随し、関係を媒介しています。教育学は教職を志す学生のみが学んでいるわけではありません。教育学から得る知見は、人と共に生き、教育と携わっていく私たち全員にとって価値のあるものなのです。

    文学部 教育学専攻
    樫内 一乃

    Keioのオススメ

    • 多岐に渡る専攻に進む学生と知り合えるため、知見が広がる
    • 二年次より専攻に分かれるため、関心に最も合った学問ができる
    • 図書館が利便性に優れ、読みたい本のほとんどは蔵書されている
  • 目の前にあるたくさんの道

    ここでは、一本道をひたすら歩き続けることも、元々の道を少しそれて、様々な道に寄り道することもできます。文学だったり、人類学だったり、倫理学だったり。わたしはたくさん寄り道をして、今では、最初の道とは全く別の道を歩いています。たくさんの道を、たくさんの選択肢を示してくれる、慶應文学部はそんな場所です。

    文学部 倫理学専攻
    田久保 亜美

    Keioのオススメ

    • ちょっと不思議で個性的な同級生たち(見てて楽しい人たちばかりです)
    • その上をいく、更に個性的な先生たち(講義がとても楽しいです)
    • 学部内で気づくと友達が増えているところ
  • ドイツを通じた徹底的な学び

    文学だけではなく、歴史や文化、哲学、また語学そのものなど、様々な面から深くドイツにアプローチできます。少人数である分、生徒同士や先生方との距離が近く、徹底した学習環境となっています。また、クラシック音楽をやっている私にとっては、独文の多くの先生方が音楽にも造詣が深いという点も魅力かもしれません…!

    文学部 独文学専攻
    毛利 文香

    Keioのオススメ

    • 専攻の選択肢が豊富
    • 二年から専攻が分かれるため、一年自分の学びたいことをじっくり考えられる時間がある
    • 他専攻の授業も比較的自由に受けられるため、幅広く知識を得られる
  • 日本から見た世界の美術史

    ゼミでは西洋美術史がメインだが、日本人の視点や価値観を通じて学べるのが留学生の私にとって最大の魅力。豊かなカリキュラムや図書館のおかげで、専攻範囲に捉われず、様々な学問の勉強に没頭してしまう。

    文学部 美学美術史学専攻
    ワクトメイスター フランツ

    Keioのオススメ

    • 他専攻の授業が受けられる
    • 三田キャンパスならなんでも近くて便利
    • 色んな人がいて楽しい
  • 不羈独立をもってなす学問

    慶應の英米文学専攻ではある一つの分野に限らず、幅広く学べます。原文に直接触れる基礎講読、英文学史、米文学史、英語史、現代英語学、英語音声学、そして古代中世英語が必修となっており、「英米文学」に網羅的に触れることができます。全年代の全領域が揃っているので深い学びももちろん追求できます。

    文学部 英米文学専攻
    井手 雅

    Keioのオススメ

    慶應文学部の良い点は以下の三つが挙げられます。

    一つ目にはあらゆる分野の作品・研究書から中世の写本までが揃っている図書館が挙げられます。多様な原著に触れることで時代を超えて感じられる書物の重みを体験できます。また、自分で研究したい内容に限らず興味を満たすのに最適な本にも出会えます。

    二つ目には豊富な選択肢がある語学の授業です。一、二年時には語学が必修となっていますが、それと同時並行で関心のある言語も学べます。必修として選択した語学との関連で別の言語に触れることも自身の興味を刺激し、習得している知識にさらなる深みが増します。

    そして三点目には分野・年代を問わず幅広い学びができることを挙げます。所属している専攻の魅力にも挙げましたが、英米文学に限らず、文学部ではとにかく広く深く学ぶことができます。また、一年時には各17専攻全てによって設置されている中身が凝縮されたオムニバス授業「特論」があることもここに追加しておきます。二年生に上がる際に以前から興味を持っていた専攻を確認、あるいは再考するのに良いきっかけとなるだけではなく、この授業により自分がその中でも何に関心を持っているかを導き出すことに大いに役立ちます。

  • 仏文専攻の総合フランス学

    文学は詩情や人間心理のみに携わるのではなく、自然や社会制度といった、世界の諸様相の交点にあって生まれるものです。ゆえに仏文学専攻では、フランス文学と言語学はもちろん、他にも美術や現代思想を含む、幅広い講義と研究がなされます。この豊饒が、仏文におけるフランス学の実現を示す何よりの証左と言えるでしょう。

    文学部 仏文学専攻
    永山 智

    Keioのオススメ

    • 仏文学専攻の、少人数クラスに分かれての集中的なフランス語学習
    • 仏文学専攻の個性豊かな先生方の存在と、アットホームな雰囲気
    • 17専攻及び他学部の授業を自由に履修できる、選択の幅の広さ
  • 所属専攻での学び
    現代に繋がる西洋史の「探求」の場

    現代の世界様々な出来事はその歴史を読み解く事で理解を深めることができると思います。西洋史学専攻では、外国語文献を読んだり西洋各国の歴史を深く学んでいく中で、自身の興味があるテーマを研究してさらなる見識を得ることを最終的な目標としています。ヒストリーとはギリシャ語の「探求」の意に語源を持つのです。

    文学部 西洋史学専攻
    高根 広昂

    Keioのオススメ

    • 17ものたくさんの専攻があるので、自分の興味を刺激する学びに出会う機会が多いことです。
    • 2年生から三田キャンパスに行けること。個人的にですが三田の方がオシャレで慶應っぽいイメージがあります。都内なので遊びにも行きやすいです。
    • 自分が思ってもみないようなことを興味の対象にしたり発想したりする個性的な人がたくさんいます。そんな友人たちと触れ合って自分の視野の狭さを思い知りました。
  • 人と世界を見つめる刺激的な日々!

    少人数の専攻のため、学生と教授の距離が近いのが特長です。また、哲学という入り口から各々で興味関心をひろげているので、一つのゼミでも多様な研究テーマがあり、どれも興味深い研究ばかりです。なによりも、自由で主体的な学びの場というのが大きな魅力であり、大学全体の雰囲気になっていると思います。

    文学部 哲学専攻
    小川 恵理

    Keioのオススメ

    • 学生と教授の距離が近い
    • 充実した蔵書やデータベース
    • 幅広い一般教養科目とハイレベルな専門教育科目
  • 東アジアからイスラームまで、広く深く学べる楽しさ

    東洋史学専攻の魅力は、東アジア世界・イスラーム世界という巨大な地域を、古代から現代まで、たくさんの視点から学べること。メジャーな言語からマイナーな言語まで自由に勉強できる環境で、自分で史料を読んだり現地を訪れたりしながら、縁がないように思えた人々の価値観に深く触れていくのは、本当にわくわくします。

    文学部 東洋史学専攻
    宮脇 雄太

    Keioのオススメ

    • 語学の種類・時間数が充実していること
    • 研究会をはじめ、講読や演習などの少人数授業が多いこと
    • 学部や専攻の壁を飛び越えて、自由に授業を履修できること
    • 図書館の資料利用が便利なこと
  • 国文学を通して、日本に息づく伝統や文化を見つめる

    四季折々の顔を見せる落ち着いた雰囲気のキャンパスで、素敵な先生方や志を共にする仲間に囲まれて、刺激にあふれる充実した毎日を送っています。附属研究所である斯道文庫の先生方の授業も多数開講されており、文学作品そのものはもちろんのこと、書誌学の観点から文学をより深く学べることも国文学専攻の大きな魅力です。

    文学部 国文学専攻
    濱田 菜摘

    Keioのオススメ

    • 先生方との距離が近く、親身に教えてくださる
    • 各専攻に分かれた後も、他専攻のものを含め幅広い分野の授業の受講が可能
    • 二年次より三田キャンパスとなるので、専門書や貴重書が多く揃う三田メディアセンターの利用が便利
  • 慶應義塾という環境で日本史を学ぶ

    我々の専攻では、多様なご専門の先生方のもと、さまざまな視点で歴史への理解を深められる環境があります。日本史学専攻の講義と同様に、あらゆる他専攻の学問を学べることも大きな魅力のひとつです。国際的かつ学際的な研究をうたう慶應義塾において日本史を学ぶ意義の一端を、ここに垣間見うるにちがいありません。

    文学部 日本史学専攻
    坂下 佳祐

    Keioのオススメ

    • 17に及ぶ多彩な専攻
    • 図書館旧館含め充実した蔵書環境
    • 日本の歴史を感じさせる三田キャンパス内の建築物