概要

中国文学専攻では、日本に大きな影響を与えた中国の伝統的文化を学ぶと同時に、現代中国の動向にも向き合う姿勢を重視しています。

「中国語学」「現代文学」「古典文学」を三本柱としつつも、いわゆる「文学」の枠組みにとらわれず、歴史・思想・芸能などを含むあらゆるジャンルを研究の対象としています。近年では台湾を含めた現代社会や映画・サブカルチャーを研究対象にする学生も増えています。

様々な研究や活動のためには、現代中国語のスキル向上が必須です。そのために、各学年に文法・読解中心の科目と、ネイティブ教員によるコミニュケーション重視の科目を設置し、効率的なカリキュラムを構築しています。

欧米とは異なるスタンダードを有する中国と向き合うことで、世界を見つめ、日本のあり方をも見つめる新たな視座を獲得できるはずです。中国文学専攻では、古典から現代まで時代・分野を問わず、躍動する中国に関心を持つ学生を歓迎します。

学びのプロセス
(卒業までのプロセス)

教員