概要

社会的・経済的・文化的な環境変化の波によって、私たちの生命観、人間観、倫理観は常に揺さぶられています。固定した知的枠組みでは捉えきれない複雑な様相が、現代社会には内包されています。グローバリゼーション、経済・情報格差、大規模自然災害、情報技術、遺伝子操作など多種多様な問題がからみ合って、人間の感性、価値観、ライフ・スタイルが大きく変貌し多様化しつつあるのです。このような社会にあって、人間科学専攻の使命は、社会、文化および自然をめぐる諸問題の理解と解決を志向して、人間性の多元的把握と、そのための新しい知的枠組みを、学際的視野から構築・探究することです。

2年次は人間科学の基礎を学び、3年次からは特定の分野を専門的に学ぶための研究会に参加することができます。4年次は研究会に所属して卒業論文に取り組むコースと、卒業試験を受けるコースのいずれかを選択します。卒業後の進路は、就職(一般企業、マスコミ、教員、官公庁)から大学院進学まで多方面にわたっています。時代の変化に好奇心を向け、人間の問題を掘りさげて考えようとする学生を歓迎します。

学びのプロセス
(卒業までのプロセス)

教員

  • 教授

    専門領域:計量社会学、社会統計学、社会調査法、家族社会学、福祉社会学

  • 教授

    専門領域:社会心理学(対人的影響、社会的影響力、集団過程論)

  • 教授

    専門領域:理論社会学、数理社会学、計量社会学

  • 教授

    専門領域:社会学(社会階層と社会移動、比較社会学、法社会学)

  • 教授

    専門領域:医療人類学、精神医学史

  • 助教

    専門領域:人類学、アフリカ地域研究

  • 教授

    専門領域:社会心理学、産業・組織心理学、調査法

  • 准教授

    専門領域:進化心理学、社会心理学