7件

国文学専攻

  • 1

名前/職位

専攻/専門領域/研究内容

  • 石川 透
    Ishikawa, Tooru
    教授

    国文学専攻
    物語文学、説話文学

    平安〜近世期の物語・説話文学の成立、並びに、その享受を研究しています。

  • 小川 剛生
    Ogawa, Takeo
    教授

    国文学専攻
    中世文学、和歌文学

    院政期から戦国期までの和歌、儀礼・有職故実の研究を含んだ古典学に関心があります。とくに作品成立の場と背景をできるだけ正確に再現するよう努めています。

  • 小平 麻衣子
    Odaira, Maiko
    教授

    国文学専攻
    近代日本文学

    近現代文学における、ジェンダー・セクシュアリティ言説を中心に研究しています。女性作家だけでなく、投稿者・読者の問題、教養言説、演劇などの周辺メディアも扱っています。

  • 国文学専攻
    日本漢文学(近世・近代)

    江戸・明治時代の日本人が作った漢詩や漢文を研究しています。また、近世文学における海外表象や、近代作家に関する史料考証にも関心を持っています。

  • 佐藤 道生
    Sato, Michio
    教授

    国文学専攻
    日本漢文学(古代・中世)

    日本人が中国文化をどのように受容したのかという問題について、平安・鎌倉期を中心として研究しています。近年は専ら平安時代の「句題詩」に関する研究に従事しています。そのほか、『本朝続文粋』『朝野群載』『詩序集』『中右記部類紙背漢詩集』などの注釈に携わっています。

  • 田坂 憲二
    Tasaka, Kenji
    教授

    国文学専攻
    中古文学

    『源氏物語』を中心に平安時代の文学を研究しています。『源氏物語』では、歴史や政治との関係や、注釈史・享受史が最近の研究の中心です。

  • 屋名池 誠
    Yanaike, Makoto
    教授

    国文学専攻
    日本語学(国語学)

    日本語の時間的・空間的な諸相を通して、そこに一貫する日本語の本質的な性格を捉えたいという野心のもと、形態音韻(かたちに関わる文法的事象)と文字表記の分野を中心に研究しています。

  • 1