8件

図書館・情報学専攻

  • 1

名前/職位

専攻/専門領域/研究内容

  • 安形 麻理
    Agata, Mari
    准教授

    図書館・情報学専攻
    図書館・情報学、書誌学

    西洋の初期の活版印刷術、特にグーテンベルク聖書を中心とするインキュナブラ、写本と刊本の関係、書物に対する考え方や読書の様式の変化などに関心があり、デジタル画像を用いたグーテンベルク聖書の研究を継続して行っています。また、資料保存、デジタルアーカイブ、貴重書のデジタル化、デジタル人文学、読書している人を描いた図像の分析にも興味を持っています。

  • 図書館・情報学専攻
    エスノメソドロジー、情報行動、知識の社会学、サービスデザイン

    人々のさまざまな営みを、営みに関わる人々の視点から理解することにこだわるエスノメソトドロジーという学際的なアプローチをとって研究をしています。営みにおける実践を、人々が想起もしくは共有する知識を実践から切り離さずに理解することで、組織や集団における知識の共有や創造、継承などの問題を考察することに関心があります。これまで図書館や病院、企業などでフィールドワークを行い、それぞれの場での実践を理解することが、知識のマネジメントに関わる課題を繊細さをもって捉えることになり、それが組織での仕事の仕方やサービスやテクノロジーのデザインについて現場の方々と共同で考える研究にもつながってています。

  • 図書館・情報学専攻
    情報検索

    情報検索の理論・技術全般に関心を持ち、特に、統計学的な方法によって検索性能の向上を目指す研究を行っています。具体的には、これまで言語横断検索(検索質問と文書とで使用言語が異なる場合の検索)について、いくつかのアルゴリズムを提案してきました。また、文書の自動的なクラスタリングについても研究を進めており、最近では、大規模な文書集合に対して、階層的な構造を与えるためのクラスタリング技術について実験しています。

  • 木村 麻衣子
    KIMURA, Maiko
    助教(有期)

    図書館・情報学専攻
    情報資源組織化

    人々が求める情報を漏れなく,無駄なく得ることができるようにすることを目指し,図書館等で作成されるメタデータの国際的な流通や品質に関する課題分析を行っています。現在は特に漢籍のメタデータに着目して研究を行っています。

  • 倉田 敬子
    Kurata, Keiko
    教授

    図書館・情報学専攻
    学術コミュニケーション、図書館・情報学

    学術コミュニケーションが知の形成にいかに関わるのかを、情報メディアという観点から研究しています。現在は特に、情報メディアのデジタル化の影響、研究成果のオープンアクセス、オープンサイエンスにおける学術情報基盤に関心を持っています。

  • 図書館・情報学専攻
    情報組織化、情報資源組織化

    膨大な情報資源に対して、いかに多様な要求(または特定の要求)に効率的・効果的に応えられるよう秩序づけておくのかという、情報組織化、情報資源組織化に取り組んでいます。組織化は、これまで主にメタデータ、分類、統制語彙(オントロジー)、検索技術などの組み合わせによって行われてきましたが、日々新たな研究と実践が試みられています。

  • 図書館・情報学専攻
    図書館情報学、教育文化情報論

    教育文化において、ライブラリーやアーカイブのような社会的記憶学習装置の役割に関心をもっています。日本では江戸期以降、出版文化および教育制度が独自の発達を遂げた一方で、こうした装置の位置づけははっきりしませんでした。しかしながら、バブル経済とその崩壊、そして大震災を経験して、ようやく日本人の歴史意識、社会意識のなかで、同時代や過去を参照するための記憶装置・学習装置の重要性が理解され始めているといえます。これを諸外国と比較したりしながら、明らかにしています。

  • 松本 直樹
    Matsumoto, Naoki
    准教授

    図書館・情報学専攻
    図書館情報学

    公立図書館の制度・経営を中心に研究しています。特に、外部環境との相互作用の中で公立図書館がどのように事業を形成しているかを、行政学等、学際的アプローチを使って明らかにしてきました。得られた知見をもとに、コミュニティの知の拠点としての図書館のあり方を探っていきたいと考えています。

  • 1